水戸黄門賞2019

水戸黄門賞

取手競輪場開設69周年記念

取手競輪開設69周年記念「水戸黄門賞」が6月1日〜4日の日程で開催される。優勝争いをリードするのは充実一途の松浦悠士だろう。地元勢は吉田拓矢、吉澤純平の機動型2枚に武田豊樹の強力布陣で他地区の強豪を迎え撃つ。

松浦悠士がV候補の筆頭だ。今年は2月別府の全日本選抜でG1初優出。3月大垣のウィナーズカップではビッグ連続を果たした。先行から追い込みまで何でもできるオールラウンダーとして、完成の域に達している。今シリーズは変幻自在の立ち回りで混戦を断ち切る。岩津裕介は今年に入って落車、失格が続いて流れが悪かったが、ようやく上向いてきた。連係実績豊富な松浦をアシストして、きっちり決める。

地元勢は武田豊樹を主軸に総力を結集する。武田は度重なる落車に苦しんでいるが、この開催までには十分な時間がある。いい状態で迎えることができれば、7年ぶり4度目の地元記念制覇も見えてくる。武田にとって心強いのは前を託せる同県の後輩がそろっていることだ。吉澤純平は2月全日本選抜で決勝3着と好走。タイトル奪取も視界に入ってきた。ここは師匠の武田の前で全力を出し切る。調子を上げていた吉田拓矢は5月松戸ダービーで落車。その影響は気がかりだが、強い気持ちで攻め抜く。

村上博幸は今年に入って記念2V。高いレベルで戦歴は安定している。スピード競輪に対応すべく、タテ脚を磨いた成果がしっかり出ている。村上が頼りにするのは山田久徳だ。最近は番手戦も増えてきたが、機動力に陰りはない。山本伸一は成績の波が激しいものの、力は見劣りしない。

原田研太朗に小倉竜二、渡部哲男の四国勢も戦力は引けを取らない。原田は昨年、グランプリ出場の権利を最後まで争ったことで、精神的に大きく成長した。終盤戦はスランプに陥ったが、練習内容を見直して調子、戦歴ともV字回復している。小倉は2月全日本選抜で約8年ぶりのG1優出。その後も好調を持続している。渡部哲男は3月の地元松山で10年ぶりとなる記念優勝。昨年の大ケガから完全復活を遂げている。

松岡貴久、大塚健一郎の九州勢も底力がある。松岡は3月高松F1の落車からリズムを崩したが、4月川崎ナイター記念で久しぶりにらしさを発揮して決勝に進出した。大塚は落車、失格の悪い流れを断ち切りたい。

南関勢は和田健太郎、小原太樹の2人が競走得点110点オーバーだ。和田は自力勝負を交えた走りで奮闘している。小原は鋭い決め脚を武器に安定した戦いぶりだ。

プレゼント情報

取手記念水戸黄門賞オリジナルクオカードを10名様にプレゼントします。

応募締切は5月31日(金)

応募はこちらから
https://pro.form-mailer.jp/fms/4f7d275923470

無料情報の的中報告

無料情報で大勝ちできたので報告です!

結果がなんと!

1万円→18万7250円

情報提供サイトは「アタ~る」


ボタン

無料情報の紹介と結果を載せます!

以下のような結果が本当にゲットできました!

提供してもらった無料情報がこちら

レース結果がこちら

車券購入前は、これで当たるの!?と半信半疑でしたが見事すぎる結果でした!

ノーリスクでこの結果を提供している情報サイトが以下の「アタ~る」という競輪予想サイトです。


ボタン

 にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競輪へ

PR




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加