みちのく記念競輪2020

みちのく記念競輪

福島SSコンビが強力

圧倒的な勢力を誇る北日本勢が優勝争いをリードする。その中心となるのは新田祐大、佐藤慎太郎の福島SSコンビだ。新田は東京オリンピックの1年延期で6月高松宮記念杯から実戦に復帰。高松宮記念杯、サマーナイトとビッグで2戦連続優出し、サマーナイトでは決勝2着と走るたびに競輪の感覚を取り戻している。佐藤も安定感は抜群。今年ここまでGレースで決勝戦を外したのは3月ウィナーズカップの一度だけ。7月弥彦記念の2日目には節目の400勝も決めた。新田、高橋晋也に新山響平と充実した北日本の機動型を目標に5年5月宇都宮以来となる記念優勝を目指す。高橋も勝ち上がれば7月サマーナイト準決勝で組んだ強力な福島ラインが完成する。
地元、青森支部も新山響に守澤太志、内藤宣彦と強力布陣だ。新山響は昨年大会の覇者。開催中止明けは乗り切れない成績が続いているが、地元のここに向けてしっかりと仕上げてくるだろう。3月玉野記念では郡司浩と同着ながら逃げ切り優勝と、先行力ならシリーズ随一の存在で、大会連覇も十分に期待できる。守澤、内藤も堅実で、そろって勝ち上がれば、福島、青森で北日本別線もありそうな豪華メンバーだ。
層の厚い北日本勢を打ち破るなら松浦悠士だ。今年前半戦は清水裕とのコンビでビッグ戦線をリードしてきた。記念だけで今年3Vの数字は光るし、流れで先行も辞さないほどの自力自在に高い総合カは北日本勢にとっても脅威だ。筒井敦史、渡部哲男と追い込み陣も豊富なだけに、どれだけ多くの味方を連れて決勝に勝ち上がれるかで優勝確率も変わってきそう。
古性優作も松浦と肩を並べる自在型だ。6月福井からFI戦を3連覇。7車立てに変わった7月か。らの連対率は100パーセントだ。7車のレースは単調と言われがちだが、古性の走りは7車でもアグレッシブで、ここも前々自在に優勝争いに割って入る。7月大垣決勝でもワンツーを決めた金子貴志が、ここも古性をマークするか。
山崎賢人、松坂洋平に小林泰正も争覇級の機動型。山崎は7月小松島記念で2勝、3連対とダッシュを生かせる7車に向いていそう。小松島準決勝で敗れた松浦や同じナショナルメンバーの新田、新山響に真っ向勝負を挑む。8月川崎で落車失格の松坂はここまでにどれだけ立て直せるか。7月函館を制している小林の一発も侮れない。
追い込みでは園田匠、成清貴之に期待がかかる。ともに最近は落車のアクシデントがなく、調子も安定。自力が有利な7車のレースでも軽視できない存在だ。

オススメ競艇予想サイト

【!新着!】オススメ競艇予想サイト

「日本競輪投資会」
日本競輪投資会

今だけ!新規会員様限定で「稼げるキャンペーン」情報をご案内!

高額回収金額131万8040円の的中実績確認済み!

新たな情報ルートの確立により会員枠を増枠!
競輪投資で下克上!365日毎日がチャンス!

鉄板の情報と根拠を無料でお届けします。

↓↓今すぐチェック↓↓

PR

 にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競輪へ







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加