レースの日程や内容について

競輪のレースは勝ち上がっていくトーナメント制。通常3~4日間の日程で開催されます。

初日、2日と勝ち上がり、決勝を目指します。初日、2日負けたからといってそれで終わりではありません。それぞれ「特選」「順位決定」「選抜」「一般」といったレースに振り分けられ、最終日まで競い合います。

競輪は各競輪場ごとに年間約70日が開催されます。1開催は3日間ずつ前節、後節と分けられ計6日間(1節が4日間の場合もある)の開催になります。

レースのグレードについて

レースは各大会ごとに6つのグレードに分けられています。

内容につきましては、賞金の違いや出場条件等があります。

GP(グランプリ)

毎年12月30日に開催される最高峰のレース。

レースに参加するにはGIレースで優勝するか、賞金ランキングで上位にいなければなりません。

名誉と競輪界最高の賞金をかけた9名の選手による一発勝負は出場するだけでも「グランプリレーサー」と呼ばれ、選手にとっては大きな勲章となります。

G1(ジーワン)

S級トップクラスの選手による高度な技とスピードが魅力のレースで、名誉と高額な賞金の獲得を争って白熱した競争が繰り広げられます。

さらに優勝者にはKEIRINグランプリへの出場権が与えられます。

G2(ジーツー)

成績上位者はGIへの優先出走権が得られるため、白熱した戦いが展開されます。また、東西王座戦のような特徴を持たせたレースがあることも魅力の一つです。

G3(ジースリー)

各競輪場の開設を記念して年に1回開催される競輪で、「~~記念」とも呼ばれます。

S級の選手にとって、一流選手への登竜門的な存在です。

F1(エフワン)

S級5レース、A級6レースの11レースが3日制で開催。

S級昇級を目指すA級選手のバトルと、ビッグレースへの出場を目指すS級選手の熱い戦いの両方を楽しめます。

F2(エフツー)

S級昇級をめざしてA級選手が連日、日本各地の競輪場でレースを展開します。

タイトルレースが重要

毎月タイトルレースが有り、そのレースで優勝することがグランプリに出場できる可能性があり、賞金王への最低条件の道となります。

この設定されたタイトルレースで活躍することにより、一流選手への道が開かれるのです。

タイトルレースはいつも以上に激しい戦いになるので見逃すことなくしっかりとチェックしましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加