倉茂記念杯2019

倉茂記念杯

倉茂記念杯とは

東日本競輪発祥70周年!競輪の生みの親「倉茂氏」をたたえた記念開催!

東日本競輪発祥の地である大宮競輪では、「競輪の生みの親」である倉茂氏の功績を末永くたたえ、今後の競輪界の発展を図るため、平成14年1月の53周年記念競輪から「倉茂記念杯」と銘打って開催しています!

倉茂貞助氏の功績

昭和22年9月、倉茂貞助氏は、海老澤清文氏とともに設立した「国際スポーツ株式会社」において”報償制度併用による自転車競走”という企画を立てた。この企画を実現するためには法制化が必要であることがわかり、昭和22年10月に「自転車競技法期成連盟」を結成した。

その中で、制場に倣った”車券付き自転車競技”への方向転換がなされるとともに、倉茂氏は「自転車競技法」の原案を作成し、GHQをはじめ国会に積極的に働きかけ、自転車競技法成立の大きな原動力となった。同法が昭和23年7月に成立すると、関連諸規則の成案、実施機関の設立などの法律施行に努めた。

その後、倉茂氏は「自転車振興会連合会(現:(公財)JKA)」の設立に力を注ぎ、自ら常務理事として、小倉、住之江、大宮に始まる全国各地での競輪場の開設、選手の養成や運営体制の整備に尽力した。昭和32年10月に日本自転車振興会の参与に就任してからは、競輪に従事する競技会職員や選手に対する講演活動を行うとともに、一般の人々にもPR活動を行った。

昭和58年11月、競輪界への多年にわたる功績を高く評価され、業界初の通商産業大臣賞を受賞した。

また、倉茂氏は”賭けの研究家”としても知られ、百科事典への賭け事関連の執筆のほか、主な著書として「世界の賭け事(東洋経済新報社/1957年)」、「賭:サイコロからトトカルチョまで(荒地出版社/1959年)」、「わが国の賭けごと史(日本自転車振興会/1974年)」、「競輪誕生の思い出<自転車競技法成立までの秘録>(週間レース社/1979年)」などがある。

イベント情報

【全日】
・4日間入場無料
・先着スピードくじ配布
・先着お菓子プレゼント
・先着勝ち上がりレース、ブロックセブン、決勝戦抽選券配布
・ご当地グルメおもてなし
・埼玉支部選手会チャリティー屋台
・スピードチャンネルブース

【1月17日】
・未確定車券抽選会
・中川誠一郎選手トークショー

【1月18日】
・未確定車券抽選会
・りんともシスターズ昭和歌謡ショー

【1月19日】
・ご当地キャラグリーティング
・ガールズケイリン選手によるおもてなしブース
・楽天うまいもの抽選会
・サイクルタイムトライアル
・競輪VR体験コーナー
・キッズコーナー
・70周年記念「70」チャレンジ
・北海道物産展
・森且行選手トークライブ
・notall(ノタル)ライブ

【1月20日】
・サイボクハム鉄板焼サービス
・ビーズアクセサリーワークショップ
・白バイ、パトカー乗車体験
・P-martブース
・ご当地キャラグリーティング
・ガールズケイリン選手によるおもてなしブース
・楽天うまいもの抽選会
・サイクルタイムトライアル
・競輪VR体験コーナー
・キッズコーナー
・70周年記念「70」チャレンジ
・北海道物産展
・仮面ライダージオウショー
・ロッチ大爆笑お笑いライブ
・公営競技コラボトークショー

直近の無料情報!高配当的中情報!

プラス収支!18万9900円の高額回収に成功しました!

無料情報なので資金は車券代のみ!

情報料金ナシで、高額配当をゲット!

情報提供サイト「チャリマジ」

提供内容が以下になります。

レース結果がこちら

リスクなしで上記の買い目情報がゲットできます!

情報提供サイト「チャリマジ」


無料で稼げる競輪情報はあります!是非、お試しを!

 にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競輪へ

PR




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加